HOME>注目記事>外国人訪問客が増えたことで必要に迫られる人も

外国人に対応する必要性

先生と生徒

大阪市内を訪れる外国人観光客が、相当な数に上っています。2018年には1200万人が大阪を訪れ、5年間で500万人の増加となっているのです。主な外国人は中国であるとか韓国台湾が多く、東アジアの人が多いのも特徴となっています。また2025年には、大阪万博も開かれることになり、外国人観光客は世界各国から押し寄せて来ると思われます。訪れた外国人と少しでも会話を成り立たせたいと考える人も多く、今淀屋橋にある英会話教室には多くの生徒さんの姿がみられます。そんな英会話教室の選び方は、教室のレベルが自分に合っているのかと言うことが条件になります。見栄を張ってレベルの高い教室に入ってしまい、落ち込んでしまっては元も子もありません。また学費をケチることで、レベルの悪い講師に当たってもいけません。入学前に良く調べることが大事です。

教室では間違っても良いと言う姿勢で望む

English

英会話が苦手と言う人の多くは、外国人などと話す時、話す内容を日本語にする習慣があります。この習慣が時間をかけることになり、英語に変換するまで時間がかかってしまい、思考力が上手く働かないことも多く、話が途絶えてしまうことが多いことが現実に考えられます。淀屋橋で習う英会話では、予習復習も大事なことですが、人前で話すことを恥じらうことのない指導があります。つまり間違っても平気ですと言うサインを送ることで、安心して発言出来るようになっています。この安心感が、話す意気込みをもたらすことになり、大きな結果に繋がることになります。

話すだけでなく聞き取る力も必要

先生と生徒

淀屋橋で習う英会話の良い所は、スピーキングだけでなくリスニングのスキルアップを重要に考えていることです。いくら話すことが出来ても、聞き取ることが出来ないのであれば、会話が成り立ちません。多くの国々の人たちと会話を楽しむためには、リスニングも必要になって来ます。互いに100%の英会話が出来ない場合でも、リスニングが可能であれば通じ合うことが多くなると考えられます。そして英会話が出来るようになるには、相当の努力も必要と言うことを忘れてはいけません。

広告募集中